雪害対策のエアコン工事

(1) 大雪対策で大切なエアコンを守ろう

大雪はただ積るだけでなく、強風や暴風により特定の場所に凄まじい雪が集まることもあります。気温変化の温度差により、巨大ツララが落下することもあります。エアコン室外機が雪で埋まると送風が出来なくなってしまい、故障につながります。また、巨大ツララの落下による衝撃でエアコン室外機が故障することもあります。

(2) 現場調査

① 様々な寸法を測定していきます。
② 屋根や周囲の環境を見て、雪がどう積るかを予測します。
③ ご予算に応じて適切な雪害対策の方法を考えていきます。
 (この時点で見積書の提出も可能です)

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: yajirushi_page.png

(3-1) 当日の工事 (低コストな工法)

① 測定した寸法に基づき, エアコン室外機カバーを制作します。
(ご予算に応じて、木材素材や、金属素材をお選び可能です。)
② 木材なら、防腐材を全体に塗っていき、耐久性を高めます。
③ 実際に取付工事を行います。
(雪が滑りやすい素材のパネルを上部につけます。)

(3-2) 当日の工事(中コストな工法)


① 室外機を設置する場所の冬期の最大積雪量を予測します。
② 鉄材と木材を組み合わせ、強度柔軟性を持たせた防御壁を制作します。

(3-3) 当日の工事(特殊な工法)

(左) 建物内の地下など、エアコン室外機置場として活用できるスペースを見つけ、取付を行います。
(右) 測定した寸法に基づき、鉄工所でより強力な防御壁を作り、取付を行います。

(4) まずはお気軽にご相談ください

お電話はこちらまで